slider_ecolinko3_04.jpg

| ホーム | 特徴 | eTrias | 技術仕様 | 価格プラン | お問い合わせ |

message02.png

setting01.jpg

『エコリンコ3』は日常生活で使用する一般的な家電と違い、設置を終えたらコンセントに挿しっぱなしです(写真右上が、設置済のエコリンコ3)。

 普段は見もせず、気にもしない機器。一度設置したらコンセントに数年間挿しっぱなしのまま顧みない、そんな製品上の性質。だからこそ、そこには究極の安全性と信頼性が求められます。

『エコリンコ3』は純国産品。長期間の連続使用で動作異常を起こしかねないような安価の海外製部品は一切使用されていません。ですから、大事な資産を守りたい方に、自信を持っておすすめできるのです。

 詳しい技術仕様はこちら。

message08.png

meter02.jpg

 ご自宅やアパート、マンションなどあらゆる建物に取り付けられている電力メーター。これらは電力会社が利用者に課金を行うためのものであり、その計測には最高水準の精度が求められます。

 この「課金用電力メーター」の製造大手が、『エコリンコ3』の設計と製造を手がけた大崎電気工業株式会社。したがって計測精度の確かさは折り紙つきです。

 実際、計測用メーターは数千円程度から販売されていますが、電力を正確に計測できるのは、当社の『エコリンコ3』か、それ以上の価格の計測器です(※)。

『エコリンコ3』であれば、家庭の電力消費を正確に「見える化」でき、その貴重なデータをさらなる家計の節約や学術研究目的にも役立てることが可能です。


※ いわゆる低価格帯の計測器では、電圧を考慮せずに計測する場合がほとんどです。電圧を考慮しない計測器の場合、電圧を常に100Vなど一定と考えて「電力(W)=100V×電流(A)」と算出します。ですが、実際の電圧は法的にも101V±6Vの間で常に変動しています。すなわち「電力(W)=95V×電流(A)」から「電力(W)=107V×電流(A)」まで、ばらつきがあるわけです。こうした電圧のばらつきを考慮に入れない計測器では、計測結果に10~15%もの誤差が生じます。

message10.jpg

point03.png

『エコリンコ3』はもともと、千葉県柏市が進めているカーボンオフセット事業において、「電力の見える化」を行うために開発された製品(スマートメーター)です。特に研究都市および環境未来都市として全国的にも有名な柏の葉地区では、柏の葉一番街、同二番街など大型マンションの各お部屋、あるいは「ららぽーと柏の葉」といった商業施設の見える化装置として、『エコリンコ3』が積極的に採用されています。

 また、東京理科大学では電力使用量の調査研究に使える安価かつ高クオリティな計測器として『エコリンコ3』が採用され、その精度と信頼性に高い評価をいただきました。

message09.jpg

custamize01.jpg

『エコリンコ3』が計測するデータは数値やグラフとして見るだけで終わりではありません。

 たとえば全580戸に当社の『エコリンコ3』を組み込んだ高級マンション『パークタワー東雲』では、マンション独自のモニタリングソフト「見える化システム」が各お部屋のインターホンに組み込まれています。このシステムでは、ステータス画面が季節や節電状況に応じてカラフルに変化するほか、電力消費量グラフは過去5日間の消費量から算出したガイドライン(節電目標)を自動表示。各ご家庭の事情に合わせつつ無理のない節電を行っていただけるように配慮されています。(画像左の2枚の写真)

 また、省エネや節電をゲームとして楽しめる、おそらくは世界初の消費電力モニタリングソフトも誕生。Andoroidアプリ『見える化少女』をスマートホンやタブレットにインストールすれば、美少女キャラクターとコミュニケーションしながら節電を楽しめます。(画像右)

buy01.png